toggle
宮絃会関西支部 三線教室のご案内

宮絃会関西支部 三線教室のご案内

稽古日のご案内

宮絃会関西支部堺教室では、毎月2~3回、第1・第3の土・日曜日を中心に13時から、守口市鼓屋教室では第2・第4水曜日の19時から稽古を行っております。

宮古民謡を中心に他島の唄からポップスまで、三線が全く初めての方から、宮古民謡をより深く学びたい方、コンクールを目指す方まで、参加者のレベルに合わせた稽古を行っておりますので、どなた様も安心してご参加いただける教室です。

良くある質問なども纏めましたので、是非ご覧ください。>>> 良くある質問

*マンツーマンでのプライベートレッスン(出張レッスンは要相談)も行っております。(1時間7千円~)【要予約】

練習日は、練習会 イベントカレンダー をご確認の上、ご参加(見学、体験も含む)の際には、必ずお問い合わせページよりご連絡お願いいたします。

>>> 練習会 イベントカレンダー
>>> お問い合わせページ

参加費について

練習会・体験への参加は、一回 1.500円となります。当日現金にてお支払いください(見学は無料です)。また、入会申し込み時には年会費1.500円も別途必要となります、予めご了承下さい。入会込書は事務局にご用意しております。

当会は琉球民謡保存会、及びその下部組織である宮絃会に所属しております。毎年開催される「保存会のコンクールへの参加を希望される方」は、琉球民謡保存会と宮絃会、両会に所属することになり、別途、それぞれ2.000円の年会費が必要となります。

*コンクール参加について、その他ご不明な点はお尋ねください。
>>> 民謡コンクールのお話

稽古内容

初級入門クラス

「三線の持ち方」「ちんだみ」「ツメの扱い」「工工四の読み方」など、三線音楽の基本をしっかりと身につけ、練習曲を繰り返し斉唱し唄三線の基礎をしっかりと学びます。

あくまでも「自分のペース」が基本、三線が全く始めてでも一から指導いたしますので安心ください。

【練習曲】・安里屋ユンタ・涙そうそう・十九の春・海の声・島唄・てぃんさぐぬ花・祝節・安波節・豊年の歌(コンクール課題曲)・なりやまあやぐ(コンクール課題曲)など

中上級クラス

中・上級クラスでは、民謡を中心とした課題曲を繰り返し練習しながら、スキルアップを目指すきっかけを作る稽古を行います。

【練習曲】・豊年の歌(速弾き)・渡りザウ?瀧落菅撹・あぐがぱなどうすがぱな・ひやみかち節・池間の主(コンクール課題曲)・多良間シュンカニ (コンクール課題曲)・とうがにあやぐ(コンクール課題曲)・豆が花(コンクール課題曲)・伊良部トーガニ (コンクール課題曲)など

コンクール受験レッスン

コンクール受験者は、課題曲をみっちりと歌いこみ、また、宮古多良間村出身の唄者である、清村相談役にも直接指導いただく機会もご用意しております。

稽古当日 ご用意いただくもの

三線一式(三線・ツメ・チンダミ笛など)、その他、必要に応じて筆記用具、お水などの飲み物、ボイスレコーダーなどをご持参ください。課題曲の工工四はこちらでご用意いたしますし、入会後はホームページよりダウンロードいただけます。

一部の消耗品、絃などは常備しておりますが(実費となります)、ツメやチンダミの道具などの備品、特にツメなどは必ずご自身でご用意いただく必要があります。ご不明な点は、遠慮なくお尋ねください。

三線のレンタルについて

上達する過程で、ご自分の三線は必ず必要となりますが、まずは体験をという方、何らかの理由で稽古日に手元に三線が無い方の為に、レンタル三線も数挺は用意しておりますので、申込時に必ずその旨お伝えください。場合によっては、当日ご用意出来ない場合もございます。

三線のレンタル料は料金はいただいておりません。ただし、参加当日の教室内だけのレンタルで持ち出しは出来ません。

また、ご購入のご相談も承ります。当会の相談役、清村斉先生が営む三線工房きよむらをご紹介させていただいております。
>>> 三線工房きよむら

稽古場のご案内

琉球民謡保存会 宮絃会 関西支部

会場の詳細は 宮絃会関西支部事務局・練習会場へのアクセス のページをご確認ください。